地球化学とは、20世紀初頭に欧米の偉人たちによって確立された学問である。
 地球に存在する元素、化学種、同位体の分布と移動を時間空間的に扱い、分布や移動の基礎原理を明らかにすることから出発した地球化学という学問は、地球の中長期的な環境変動を物質科学的な側面から解析・予測するなど、現代科学の非常に重要な学問分野として発展してきている。
 2010年4月に発足した我々の研究室では、化学専攻に所属する「地の利」を活かして、より基礎的な見地に立った地球化学、特に地球・惑星の内部物質の構造や物性、そしてバイオミネラリゼーションを含めた地球表層物質の生成過程などに力を入れて研究を進めていく予定である。

 鍵 裕之
 東京大学大学院 理学系研究科 地殻化学実験施設 教授


 現在、大学院入試が始まろうとしています。学内はもとより、学外の大学出身者の方の進学も歓迎しますので、興味がある方はご一報下さい。
 修士課程に入学される方は出身大学が東大以外の方も多く、その割合は他大学の方が現在半分以上となっています。又、留学生の方もいらっしゃいます。
 ぜひ、地殻化学を学びたい方は見学&お問い合わせください。
 本研究室には、化学専攻または地球惑星科学専攻から進学することができます。将来の進路も考えて、入学経路を検討して下さい。

進学、研究上の問合せなどは
   教授  鍵 裕之 (写真左) (kagi AT eqchem.s.u-tokyo.ac.jp)
   准教授 小松 一生 (写真右) (kom AT eqchem.s.u-tokyo.ac.jp)
   ( AT を@に置き換えてください)
にご連絡ください。


Latest News

03 Sep 2019

9月7日、埼玉県立不動岡高等学校で行われる出前授業に使用する海水を東京湾から採取してきました。出前授業に協力してくれる学生さん3人も協力してくれ、小雨の降るなか、満潮を見計らっての採取となりました。

26 Aug 2019

8月18-23日、スペイン・バルセロナにて開催されたGoldschmidt2019に鍵教授、飯塚助教、博士2年の福山鴻君が参加し、研究成果を発表しました。

01 July 2019

ホームぺージをリニューアルしました。